古着買取ランキング|ブランド古着買取 評判のいい買取ショップのランキング口コミ買取相場メンズ&レディース古着高価買取

MENU

洋服買取で高く売れる時期と安くなるタイミング

 

 洋服はブランド品やデザイナーズブランド、カジュアルブランド、アウトドア、ストリート、スポーツ、ビジネス(スーツ類)など幅広く存在します。

 

そして、洋服の査定基準としてサイズや状態、カラーや素材など総合評価によって査定価格は常に変動してきます。

 

 また、高く売れる時期と安くなってしまう時期もあります。

 

一年を通して、どのタイミングに査定に出すと平均的に高く評価されるのか、どんなアイテムをどの時期に査定に出すのかによっても価格は変動してきます。

 

 では、一体何をどのタイミングに出せばいいのか?

 

どんな素材やアイテムをどの時期やタイミングに出すのが適切か、解説していきたいと思います。

 

 今回はアイテム別で時期とタイミングについて解説したいと思います。

 

ジャケット類が高く売れる時期とタイミング

 

 ジャケット類は非常に幅広いので、少しジャンル分けしながら解説していけたらと思います。

 

そもそもジャケット類は上に羽織るものがほとんどですので、基本的に秋冬のシーズンの前、9月?1月が一番高く買取してもらえるタイミングになります。

 

 しかし、ジャケットによってはコットン素材や薄手の素材のものもありますので、9月にしか高く売れないものや2月の方が高く査定される場合もあります。

 

ブランドのジャンルに関しても、ダウン系のブランドやアウトドア系のブランドはナイロン素材が多かったりします。

 

それぞれの高く売れそうな時期が微妙に違いますので、チェックしてみてください。

 


※平均30,000円の場合の価格変動

 

 

ダウンジャケット

 

 ダウンジャケットはほとんどが厚手のジャケットになり、寒い時期中心で高価買取してもらうことが可能です。

 

ブランドによっては夏でも割と高く査定してもらえるのですが、やはり秋冬シーズンが一番高くなります。

 

しかし、有名なブランド以外のダウンジャケットを夏に売ろうと思うと、ほとんど安値での査定価格となってしまいますので、気をつけましょう。

 

 特に夏になるとダウンジャケットはクローゼットの中で嵩張ってしまいますので、邪魔と感じてしまうのです。

 

梅雨時期や蒸し暑い時期は一番カビの原因になったりしますので、手放したくなります。

 

では、ダウンジャケットを売る時期はどのタイミングが良いのかチェックしてみてください。

 

ダウンジャケットを売る時期とタイミング

※平均30,000円の場合の価格変動

 

 

レザージャケット

 

 レザーのジャケットになると、多少幅広い時期でも買取は可能です。

 

レザージャケットの薄手のレザーの場合は、春先でも十分高く査定してもらえることになります。

 

 逆に、薄手のレザージャケットは真冬のシーズンになると急激に落ちることはないのですが、少し落ちる場合もあります。

 

レザージャケットは防寒としてのジャケットではなく、季節の変わり目に薄手のインナーの上にオシャレに着こなすアイテムでもあります。

 

一番需要のある時期は、季節の変わり目なので、春口と秋口あたりに売るタイミングと言えます。

 

レザージャケットでもボアやライナーの付いたレザーになると、冬の方が査定価格は高くなる場合もあります。

 


※平均30,000円の場合の価格変動

 

 

コート

 

 コートは素材によって高く売れる時期と安くなってしまう時期があります。

 

基本的にジャケットになりますので、秋口〜春シーズンに比較的高く査定されます。

 

 またコートはトレンチコートやショップコート、Pコート、ダッフル、チェスターコート、ノーカラー、コクーン、ファー、ミリタリー(モッズ)、ムートン、ダウンコートなどがあります。

 

厚手のコートやウール素材のコートは、秋?真冬シーズンが高く買取されます。

 

トレンチコートやショップコート、スプリングコートは春先の方が高く査定されるアイテムもあります。

 

コートはデザインも幅広く、トレンドによっても左右されるアイテムなので、シーズンよりもトレンドやデザインで買取価格に差が出る場合があります。

 

また、夏シーズンは安くなってしまいますので、時期とタイミングを見計らって高く買取してもらいましょう。

 


※平均30,000円の場合の価格変動

 

 

ナイロンジャケット

 

 ナイロンジャケットの場合は、薄手のナイロンジャケットやマウンテンパーカーから、少しゴツめのゴアテックス、ナイロン素材のダウンなども幅広くあります。

 

ダウンなど厚手のものは秋口9月〜10月くらいで査定に出すと高く買取してもらうことが可能です。

 

そして、薄手のナイロンジャケットの場合、9月〜4月くらいまでは高く査定してもらうことが出来ます。

 

逆に薄手のものの場合、真冬は少し落ちる可能性もありますが、どこの買取ショップも比較的高くなるでしょう。

 


※平均10,000円の場合の価格変動

 

 

テーラードジャケット

 

 テーラードジャケットは素材がいろいろあると思います。

 

スーツ素材の場合はある程度年中査定価格はあまり変動はありませんが、ベロア素材やウール、ツイード素材になると9月〜10月からの2月頃までには査定に出す方がいいでしょう。

 

春先に向けた素材やヘンプ生地、レーヨンなどの素材は4月くらいまでは比較的高く査定される傾向があります。

 

ビジネス系のスーツも同様で夏物は3月〜6月まで高く査定され、秋冬物は9月〜2月くらいまでが高く売れる時期になります。

 

 

 シーズンのタイミングもありますが、キャンペーンなどで10%〜20%アップキャンペーンなどあれば少しでも高くなりますが、キャンペーンもシーズン前の方が高く査定されることになります。

 


※平均10,000円の場合の価格変動

 

パンツが高く売れる時期タイミング

 

 パンツが高く売れる時期とタイミングに関してご説明したいと思います。

 

パンツは基本的にそこまで高く売れる時期と安くなってしまう時期は高低差はそんなにありません。

 

しかし、ショートパンツは季節物ですし、パンツの素材によっては多少の変動もあります。

 

 また、定番物の一年中着用出来るようなアイテムはキャンペーン中に出すことが一番おすすめです。

 

では、簡単にアイテム別に解説しておきます。

 


※平均5,000円の場合の価格変動

 

ショートパンツ(ショーツ)

 

 ショーパンツは基本的に夏物のアイテムになりますので、春〜夏にかけてキャンペーンの時期に出すことをおすすめします。

 

ショートパンツはコットンや綿ポリ素材であればある程度定番アイテムかと思いますが、スウェット素材やパイル、コーデュロイの場合はトレンドによっても変動しますので、流行が廃れないうちに売る方が良いでしょう。

 

例えば、レディースアイテムのガウチョパンツなどは流行のデザインになりますので、非常に査定も敏感で翌年人気が落ちてしまうと査定価格も期待は出来ません。

 

 

デニム(ジーンズ)

 

 デニムは基本的に季節問わず、一年中査定価格の変動はありません。

 

しかし、若干夏は査定価格が下がることもありますので、秋〜春シーズンあたりが無難かと思います。

 

デニムに関して言えば、シーズンよりもブランドやデザイン(ジーンズのシルエットや細さ)、トレンド、キャンペーンの方が査定に影響する方が大きいです。

 

また、アメカジブランドのデニムは定番アイテムが多いので、年中査定価格も安定していますが色落ちも多少重視されることもあります。

 

 

スウェットパンツ

 

 スウェットパンツは基本的に秋冬のシーズンが一番査定が価格なります。

 

スウェットパンツは流行のアイテムなので、流行りが落ちてしまう前の方が査定が高いです。

 

生地がコットン素材が多く使用感と伸縮性が高いので、売る場合は必ず洗濯した状態で売るようにしましょう。

 

査定が下がってしまうと、売るよりもパジャマか部屋着、近場の普段着として着用する方が良いかもしれません。

 

ニット(セーター)が高く売れる時期とタイミング

 

 ニットの高く売れる時期とタイミングは大幅に変動してしまいます。

 

特にウール素材のニット又はセーター、秋冬物の素材の使用されたアイテムは秋冬にしか高く売れません。

 

 しかし、例外としてロンハーマンなど人気ブランドのニットは春夏でも高く取引されているものは比較的高く査定してもらうことができます。

 

人気ブランドでも査定価格が春夏と秋冬で大幅に変動することがあります。

 

時期としては9月〜2月、春物の薄手のニットやコットン、アクリル素材のものに関しては1月〜4月くらいまでは平均的な査定価格となります。

 

しかし、ニットやセーターはジャケットのように価格の変動幅は少ないですが、9月〜2月が一番おすすめです。

 


※平均5,000円の場合の価格変動

 

シャツ(トップス)が高く売れる時期とタイミング

 

 シャツが高く売れる時期とタイミングに関しては一年を通して、そこまで価格の変動はないかと思います。

 

しかし、シャツ自体には半袖と長袖、七分袖なども定番になりつつありますが、季節相応の買取価格となるでしょう。

 

また長袖の場合は、素材によっては秋冬のみ査定価格がつくアイテムもあるでしょう。

 

シャツに関する買取では、素材が重要で季節前のキャンペーンの時期に出すことをおすすめします。

 


※平均5,000円の場合の価格変動

 

ワンピース(スカート)が高く売れる時期とタイミング

 

ワンピースはレディースのアイテムなので、男性はあまり関係ありませんが、一応ご説明しておきます。

 

ワンピースの買取時期とタイミングに関しては一年中通して買取価格はあまり変化はないと考えて良いでしょう。

 

どちらかと言えば季節的にワンピースを着る時期は、秋冬のジャケットを着る時期よりも、春夏ものの方が多くなると思いますので、春〜夏にかけてのタイミングの方が多少高くなる傾向にあります。

 

それよりもワンピースの素材が重要で、夏素材のものは春から夏にかけて、冬素材のものは秋から冬にかけて売ることを意識するべきです。

 

また、ワンピースやスカートはトレンドが重要で、レディースブランドの流行は早く敏感になってきますので、トレンドのデザインのものは相応に高くなると思います。

 

しかし、トレンドではないワンピースやスカートは買取してもらうことが出来ないものもありますので、着用していないものは出来る限り早めに整理整頓、断捨離するように心掛けましょう。

 


※平均5,000円の場合の価格変動

 

ベスト(ジレ)が高く売れる時期とタイミング

 

 ベストが高く売れる時期と安くなる時期についてです。

 

ちょっと一昔前であれば、ベストとしか呼ばれてなかったのですが、ジレとしても呼ばれるようになりました。

 

おそらくベストとジレは同義語として良いのですが、ジレってファッション雑誌の傾向によると、スーツやキレイめのベストがジレと呼ばれています。

 

ベストはデニムのベストもレザーもミリタリーもヴィンテージ系のベストも総称してベストです。

 

少し反れましたが、ベストもジレも基本的に一年中買取は可能で、査定価格にはそれほど差はありません。

 

しかし、素材が重要でウール素材やヘリンボーンなど、冬物のベストは秋冬シーズンに売りましょう。

 

薄手のものや夏物の素材のものは、冬に売ってもほとんど変わりはないのですが、冬素材のベストは夏以外に売るべきです。

 

冬に夏物はベストくらいであれば、在庫置場にもそこまで困らないですし、すぐに店頭に並べたり販売することもできます。

 

よって、買取価格の変動も冬物のベストのみ夏シーズンは少しだけ下がる可能性がある・・・程度なので気にしないで良いでしょう。

 


※平均5,000円の場合の価格変動

 

スニーカーが高く売れる時期とタイミング

 

 スニーカーが高く売れる時期とタイミングに関しては、一年を通して特に大きく変動はありません。

 

と、いうよりスニーカーの場合はトレンドの方が重要です。

 

 例えば、ローテク(シンプルなスニーカー)の、コンバースやデッキシューズなどであれば、定番なので特に年中を通して流行はありません。

 

しかし、ニューバランスなど流行のスニーカーに関しては、ランニングシューズは人気あるうちに売る方が評価は高いです。

 

ハイテク(ナイキなど・・)は、流行次第では買取価格にも変動があり、人気のうちに売る方がおすすめです。

 

 

 時期やタイミングとして、夏っぽいデザインやカラーリングの派手めなスニーカーは夏前に売る方が良いでしょう。

 

冬物のデザインやファー付きのスニーカー、茶系やダーク系カラーのスニーカーは秋冬のシーズン前に売る方が良いでしょう。

 

そして、スニーカーはいろんなメーカーやブランドからたくさんのモデルが売されておりますので、ブランド力のあるスニーカーの方が評価は高いでしょう。

 

 また、状態に関してもできる限り綺麗な状態、新品同様のスニーカーのみの高く買取してもらえるでしょう。

 

踵のすり減った状態のものが、中がカビ臭いもの、汚れ、使用感によって大きく買取価格は差が出てしまいます。

 


※平均5,000円の場合の価格変動

 

靴・レザーシューズ(ブーツ)が高く売れる時期とタイミング

 

靴やレザーシューズ・ブーツが高く売れる時期とタイミングはなんとなくわかるかと思います。

 

 レザーシューズの場合、ブラック、ブラウン系カラー、ダーク系カラーが多くなりますので春夏シーズンよりは秋口〜冬に売る方がおすすめです。

 

冬のシーズンはできればブーツなど強化しますので、秋が一番良いかもしれません。

 

 ブーツの場合は、春夏よりも絶対に秋冬シーズンになります。

 

秋冬の中でも9月〜2月くらいまででがシーズンですが、9月〜12月くらいの方がおすすめです。

 

ヴィンテージ、アメカジ系を除いて、使用感のあるブーツなどはできる限り綺麗な状態にして査定に出すことをおすすめします。

 

もし、汚れがある場合やカビ臭い場合は、天気の良い日に軽く水拭きなどして、消臭スプレーで見た目だけでも綺麗な状態にしておくことも肝心です。

 

 ビンテージ、アメカジ系、アウトドア系ブランドなどのブーツは多少使用感があっても汚れや雰囲気で高く評価される場合もありますが、最低限度のお手入れはしておくことをおすすめします。

 

またシーズン中はキャンペーンなどしている買取ショップもありますので、ぜひチェックしてみてください。

 


※平均10,000円の場合の価格変動

バッグが高く売れる時期とタイミング

 

 バッグが高く売れる時期とタイミングとしては、特に一年を通してあまり買取価格に変動はありません。

 

しかし、中には素材がウールやファーなどの素材が使われているものは秋冬のシーズンの方が評価は高くなります。

 

 レザーもののバッグは、ダーク系のカラーが多くなりますので秋冬シーズンの方が良いでしょう。

 

ブランド品のバッグになると売る季節やタイミングよりもブランドや状態、使用感の方が重視されます。

 

バッグの人気はブランドやデザインによって様々になりますので、時期でで高く売れるというよりもブランドの認知度や人気デザインや状態、使用感によって買取価格に差が出ることの方が多いです。

 

あとは、季節の変わり目や定期的なキャンペーンの時期を見計らって査定に出すことをおすすめします。

 


※平均5,000円の場合の価格変動

 

ブランド古着買取ランキングはこちら>>